Skip to main content

2021.4.24 ベス・カヴェナーに出会う - 2

 

Photo:  Courtesy of the Jason Jacques Gallery and the Artist

この日、あなたはベス・カヴェナーに出会う。彼女の作る動物の眼差しはあなたの目を射る。作品のタイトルはシャドー・パートナー。横2メートルを超えるこの美しい動物は、深い静謐な眼差しをあなたに向け、「私はあなたの影の人格」と語りかけるだろう。からめられたロープをまとい、身動きの取れないこのウサギは、自己批判の絡み合った綱の中に自らを閉じ込めるあなた自身であるかもしれない。ロープはゆるく、ウサギは解き放たれることもできる。その一歩を踏み出さずにこの状況にとどまるのは何故?

4.24-6.20 Human and Animal 展 岐阜県現代陶芸美術館

Comments

Popular posts from this blog

ドライクレイ(粉末粘土)の使い方説明しています

二重のビニール袋に入ったドライクレイ2キロ 最初に: ドライクレイ(粉末)粘土はまだ日本で十分知られていないようですが、粘土を粉状で使用することにはとても大きな利点があります。 顔料やナイロンファイバーなど、必要な原料を添加する時、粘土が粉状であれば楽に税量同士を混合することができます。例えば白粘土で作った作品に黒土(例えばB3ブラウンをスリップにして)の泥粧を施し、掻き落とし技法で模様を掘れば素地の白い模様ができあがります。 顔料メイゾンステイン 1 カラークレイを作る 粉状の粘土に顔料を加えます、色によって、 ドライクレイの重量比3〜5%、または8〜10% ほどの顔料を加える。加える量は、テストして 色の濃さを調整してください。 両方が粉末のため簡単に均一に混ぜることができます。 ドライクレイのビニール袋の口を開けて必要量の顔料を 加えてビニールの口を閉じる。粉が外に出ないよう袋の 口を閉じてよく混ぜる。 2 ナイロンファイバーを混ぜて収縮強度を高め、粘土の重量を軽くする ナイロンファイバーをよく手でほぐし、たんぽぽの種 ナイロンファイバー ほどにふんわりと広げてドライクレイに混ぜる。 この時も粉が飛ばないよう、ビニールの口をしっかり閉じてから混ぜます。 3 泥粧(スリップ)を作る 白の化粧泥、黒の化粧泥など、加える水の量を調整することで、生の粘土から泥を作るより簡単に均一の泥粧を作ることができます。下の「ドライクレイに水を加える」を参考に、水は目的にあった量を加える。 ハンス・コパーやルーシー・リーは、黒土に白泥粧、また 白土に黒化粧泥を塗って模様を掻き落としした作品を多く残した (トニー・バークス著「ハンス・コパー」より) ドライクレイに水を加える: ヒュース・テンではドライクレイ(粉末)を二重のビニール袋に入れ、内側のビニールは超厚手のものを使っているので、そのまま粘土を作ることができます。 まず外側のビニールの口を開き、内側の厚手ビニールの口を開けます。そこにそのまま水を加えますが目安はドライクレイの重量の28%です。2キロのドライクレイが入っていますので、およそ560グラムの水をコップに取り、少しずつ加えていきます。粉が飛ば

三崎哲郎さんと大槻智子さんの色化粧土技法が陶遊に掲載されました

陶遊2018年5月号の表紙 陶遊5月号に2人の陶芸家が取り上げられています。 お一人は独自の糸抜き波状紋で知られる三崎哲郎さん。シンプルで緊張感あふれるフォルムと、端正で淡く暖かい色調の器たち。お人柄そのものの、誠実さと美しさ静けさに思わず手を伸ばして触れたくなります。 三崎さんは陶芸家として変わった経歴をお持ちです。テレビの番組制作プロデューサーとしてまた病院事務長として活躍され、退職後に陶芸を始められました。趣味として始められたそうですが、2012年には日本陶芸展優秀作品賞・文部科学大臣賞を受賞。日本工芸会正会員でもあり昨年は請われて新宿の柿伝ギャラリーで個展を開かれています。 ご自分のブログ で様々な技法を惜しげも無く紹介しておられ、白墨に紋様を掘ってハンドローラーも手作り。参考になるヒントがいっぱいのブログです。 「陶遊」記事より 2017年柿傳ギャラリーの個展より 写真は三崎さんのブログより もう一人は、 淡い色調で不思議なオブジェや器を制作する 大槻智子さん 。恐らく三崎さんの対極にある作品たちです。「可愛い」のもっと先にある、夢溢れる個性的な作品は、長三賞受賞やテーブルウェア展に入選するなど、高く評価されています。 独自の世界を醸し出すパステル色調のカップや花器、アクセサリーはまるでケーキのような綿菓子のような、見ているだけで美味しい匂いを感じてしまいます。 「陶遊」の記事より 指輪だってただの指輪ではありません、ウサギだってただのウサギとは違う。コップも野菜もタマゴもみんなただの「もの」ではありません。それぞれの物語があって自分の物語をおしゃべりし始める。彼らのおしゃべりを聞き、見ているだけでなんとも満ち足りた気持ちになります。 お二人とも技法を語りながら、うつわたちそれぞれの声を届けてくれるようです。

人気のマット釉、入荷、テストしました!

左からコーン5、6、7で焼成したもの 同じ色の、焼成温度による発色に違い 同じ色の、焼成温度による発色に違い アメリカで人気のマット釉です! ご要望の高かったマット釉についてテストを重ね、 取り扱いを開始しました。 お客様からは「さっそく私の工房でもテストしました、 焼成条件や塗り方でいろいろな表情を楽しめる」との コメントがいくつか寄せられました。 「使いやすい」「サテンのような鈍い輝き」「こういう 釉薬を探していました」などの感想をいただいています。 焼成温度によって発色の変化する色もあり、全くのマット から鈍い光を帯びるものまで、様々な表情を見せる釉です。 SWマット釉全13色について 推奨焼成温度は オートンコーン 5 - 6  酸化焼成ですが、 還元でも、コーン10まででも使うことができます。発色や 表情は焼成条件や粘土等によって異なります。また色に よってもそれぞれ結果は異なりますのでテストの上ご使用 ください。 上のサンプルは半磁土にマット釉薬を筆で3度塗りして コーン5、6、7で焼成したものです。コーン6のテスト ピースは、生の粘土に(乾いてから)直接筆塗りして 焼成しています。粘土によく馴染み、一体化しています。 また口縁は茶色味がでて味のある表情です。 SW002マットクリアー/ ミルキーホワイト 純粋な透明釉の概念とは異なります。 乳濁剤が含まれる ため、他の色と混色して色を和らげる、淡い色調を実現する、 など様々に楽しむことができます。 また、半磁土に単色で使用すると、それは美しく深い、 わずかにグレーを帯びた趣のある白になります。まるで 磨く前の大理石のようです。 コーン5でその名の通りミルキーホワイト。コーン6で 焼成すると上記の、石のような深いマットの表情です。 薄く塗ると乳濁が消えわずかに光沢がでます。また、 釉薬や下絵具の顔料と反応して色が変わる場合があります。 * マット釉のご購入はこちら→